【スズキ・イグニス】VS【ホンダ・フィット】はどっちにする?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大10社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

マイルドハイブリッドという機能で燃費と価格のバランスを有するスズキイグニス

本格的ハイブリッドシステムを持つホンダフィット

両車をしっかりと比較してみたいと思います。

スポンサードリンク




【スズキ・イグニス】VS【ホンダ・フィット】価格はどっち?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

まずは価格帯からみていきたいと思います。

みなさんが購入を検討する上で比較する要素はどのようなものがあるでしょう。

比較の上でかなり重要な要素が価格比較だと思います。

そこで、スズキ・イグニスとホンダ・フィットの価格をしっかりと比較していきましょう。

排気量や自動車税からみた比較

引用元:http://www.suzuki.co.jp

スズキ・イグニスはいわゆる〝マイルド・ハイブリッド〟と呼ばれており、直列4気筒DOHC1300CCエンジンの車両となります。

一方、ホンダフィットはi-VTEC+i-DCDというハイブリットエンジンを搭載した、1,500CCの車両になります。

自動車税では、ともに1リットル超〜1.5リットル以下なので、基準額が年額34,500円です。

スズキ・イグニスは50%減税で17250円。

ホンダ・フィットは75%減税で8625円。

また、自動車重量税については、

スズキ・イグニスが50%減税となり、ホンダ・フィットは免税となります。

やはり、本格的なハイブリッド機能を有するホンダ・フィットの方が減税額は大きくなります。

購入価格相場の比較

引用元:https://www.honda.co.jp

では、次に購入実勢相場について調べていきたいと思います。

スズキ・イグニスはシンプルなグレード設定であり、5グレードで2WD/4WDの合計10タイプとなります。

この中で代表的なのは全体の中ではハイグレードなHYBRID MZ(2WD)。

こちらが正規価格が1738800円。

対して、ホンダ・フィットにおいて、代表グレードとしては「HYBRID・L」で2079000円。

前評判通り、しっかりとスズキ・イグニスの方が安いですね。

実勢相場についてはスズキ・イグニスのHYBRID MZ(2WD)が1550000円くらいとなり、対してホンダフィットのHYBRID・Lが1900000円くらい。

やはり、実勢相場においてもホンダフィットの方が高い結果となります。

スポンサードリンク




【スズキ・イグニス】VS【ホンダ・フィット】大きさは?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

価格帯では購入時の費用は圧倒的にスズキ・イグニスが安く、その後の税金面ではホンダ・フィットの方が若干安い結果となりました。

次に比較したいところが大きさです。

実際に乗り込んだ時に寸法としてどのような感想を持つのか。

比較していきたいと思います。

外寸を中心に比較してみた

引用元:https://www.honda.co.jp

まずは、大きさから比較していきたいと思います。
スズキ・イグニス:全長:3700mm 全幅:1660mm 全高:1595mm
ホンダ・フィット:全長:3990mm 全幅:1695mm 全高:1525mm
おおよそ一緒ですね。

実は外寸についてはいわゆる「普通車」か「小型車」かの判別基準の一つとなっており、スズキ・イグニス、ホンダ・フィットともに小型車基準のギリギリサイズとなっています。

そのため、おおよそ同じようなサイズ感になっています。

室内空間の広さは?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

次に主な内寸(室内空間やトランク部分)について比べてみましょう。

スズキ・イグニス
室内長2020mm 室内幅1365mm 室内高1250mm 荷室幅約1160mm 荷室奥行約430〜595mm

ホンダ・フィット
室内長1935mm、室内幅1450mm、室内高1280mm 荷室幅約1020mm 荷室奥行約670mm

意外にもコンパクトなボディの中でスズキ・イグニスは結構広かったという事実です。

外寸はむしろ小さく、内寸はむしろ広い。

運転する側からすると非常に嬉しい結果ですね。

一方、荷室寸法はやはりホンダ・フィットに軍配があがります。

しっかり荷物が載せられるフィットと、そこはあまり期待ができないイグニスなのです。

スポンサードリンク




【スズキ・イグニス】VS【ホンダ・フィット】燃費はどっち?

引用元:https://www.honda.co.jp

最後にスズキ・イグニスとホンダ・フィットの燃費性能を比較していきましょう。

両方とも〝ハイブリッド〟と銘打ってはおりますが、その内容はかなり違います。

まずはそのハイブリッドの内容についてまとめてみます。

ついで、しっかりと燃費結果を比較していきます。

ハイブリッド機能について

引用元:http://www.suzuki.co.jp

スズキ・イグニスはマイルドハイブリッドとよく呼ばれます。

これはいわゆるハイブリッド機能の分類の中ではどこにもあてはまりません。

スズキが言うハイブリッドとはどのような機能なのか。

スズキは減速時に発生する抵抗値をそのままモーターにおいて発電エネルギーとして貯蓄します。

そして、そのエネルギーを加速時に補助エネルギーとして利用するという方法です。

一方、ホンダ・フィットはi-VTEC+i-DCD「パラレルハイブリット方式」のエンジンを搭載しています。

ホンダのハイブリットにおける特徴は「エンジンが主体のハイブリット」であるというところ。

ホンダはよりエンジンへの依存度をあげ、速度が10km/h程度に高まった段階で、動力の主役を早くもエンジンにバトンタッチ。

モーターをサポート役としてDCTでこまめに変速をして、エンジンが最も効率よく回れる領域を探りながら低燃費を叩き出すというものです。
そういう意味ではハイブリッドと銘打ちながら、全く違う内容となりますね。

燃費性能の比較は?

引用元:https://www.honda.co.jp

では、次に燃費性能を比較していきましょう。
まず、カタログ値においては次のような結果となります。

スズキ・イグニス:28.0km/L

ホンダ・フィット:37.2km/L

もちろん、価格・エンジン性能に比例した燃費結果となっていますね。

実燃費についてはここからおおよそ2割は落ちると言われています。

同基準で比較すると

スズキ・イグニス:22.4km/L

ホンダ・フィット:30.0km/L

とみることができます。

月間1500km走ると考えた時の燃料費(ガソリン150円として)の比較は次の通りです。

スズキ・イグニス:10045円/月

ホンダ・フィット:7500円/月

おおよそ月間で2500円の差。

これは1年間で30000円、5年間で150000円の差となります。

購入額の差が350000円程度。

この差をどうみるかですね。

燃費と走りのバランスは?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

前項で燃費情報についてまとめさせていただきましたが、やはり車は走りの楽しみが大切ですので、燃費走行と力強い走りの両立を期待したいところですよね。

そこで両車種の最高出力およびトルクについて比較していきたいと思います。

スズキイグニス:排気量1242L、最高出力67[91]kw[PS]/6000rpm(エンジン)、2.3[3.1]kw[PS]/1000rpm(モーター)、最大トルク118[12.0]N・m[kgf・m]/4400rpm(エンジン)、50[5.1]N•m[kgf・m]/100rpm(モーター)。

ホンダフィット:排気量1496L、最高出力81[110]kw[PS]/6000rpm(エンジン)、最大トルク160[16.3]N・m[kgf・m]/0-1313rpm(モーター)
排気量の違いもありますので、やはり全体的にホンダ・フィットの方が優れていますね。

価格と走りのバランス、どちらをどれくらい優先するのか比較検討ください。

【スズキ・イグニス】VS【ホンダ・フィット】比較のまとめ

価格、サイズから燃費性能まで様々な比較検討をしてみましたがいかがでしたか?

コストに重点をおいたスズキの作り方と、走りに重点をおいたホンダの作り方。

その企業姿勢が如実に現れている比較となりましたね。

ご自身が車を購入される上で何を重要視するのか、改めてポイントを絞ってみてくださいね。

 

アイキャッチ画像引用:https://auto.suzuki.it/allestimenti/IGNIS/733/ignis—1-2-dualjet-2wd-icool.aspx

【スズキ・イグニス】を50万円も安く買う方法とは!?

スズキのイグニス。かっこいいですよね!?

SUVでありながらコンパクトで、
小回りもきいて運転もとてもしやすいです!

エクステリアは他にはない
個性的なヨーロピアンデザインで
人たちの目を惹きつけます。

またマイルドハイブリッドかつ
車体自体が軽いため、
燃費も最大級にいいんです!

スズキセーフティーサポート対応で
とても安全なため
運転も安心ですね〜♪

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「イグニス欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
イグニスに乗り換えたいな…」
「イグニスと値引き交渉疲れたな…」
「新車のイグニスを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
イグニスの購入を検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大10社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. 2016年2月に登場したスズキ・イグニス。発売からそろそろ3年が経過しますので、中古車市場に…
  2. スズキ・イグニスは軽クロスオーバーSUVのハスラーと、小型クロスオーバーSUVのエスクードの…
  3. コンパクトクロスオーバーとして個性的なスズキイグニスですがタイヤ交換の情報が気になる方も多いと思いま…
  4. コンパクト系の車でありながら、SUV的要素ももつスズキ・イグニス。柔らかいフォルムかと思いつ…
  5. 2009年の税制改正で、エコカー減税による環境対応車への補助金制度が実施されました。エコカー…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP